【Story】#18 どんなお店にしたいか。

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

2011年5月。

物件が無事に決まり、いよいよ開店準備を始める段階まで来ました。

そこのお話をする前に、どういうお店にしたいのか?

今回、物件を探す上で最重要に考えていたのが、結婚式二次会ができるようなパーティースペースが取れるかどうかです。

そうやりたいと想った経緯のお話をしていきます。

お店・・カフェを始めようと考えた時に、最初はどんなカフェにしようか・・みたいなのは具体的にはなかったです。

場所も駅前がいいか、郊外がいいか、どっちもいいなみたいな。

なんとも曖昧な感じでした。

それが飲食店での修行を通じて、だんだんと鮮明になっていきます。

修業を始めたばかりの頃、とある夜カフェで働いていました。

そこは結婚式二次会、誕生日会、クラブイベント・・など、通常のランチやディナー営業以外にパーティーの予約も受けていました。

「こりゃ儲かりそうだな」

そんな邪な気持ちで、結婚式二次会いいな笑

なんて、思ったりしていました。

カフェは儲からない。

とよく言われてました。

コーヒー1杯(だいたい200円~400円くらい)で何時間粘られるんだ。

的な感じで。

でもこれ(結婚式二次会)なら稼げそうだなって。

なんて朧気に思い出し始めました。

ある日、いつものようにそのお店に何かの宴会の貸し切りが入っていました。

何の会かはわからないまま、僕はひたすら料理を並べたり、頼まれたらドリンクをつくるルーティーンをこなしていました。

会が終盤に差し掛かった時、空気が一転しました。

照明が暗転。

その日の主役がスクリーンの前に座ります。

スクリーンに映像が流れ始めます。

そこには主役と参加者の写真と、その主役へのメッセージがスライドショーで。

これ、送別会だ。

バックにET-KINGの「ギフト」が。

ふいにうるっと来ました。自分の会ではないですけど。

めっちゃええやん。

ギフトの歌詞が「一生忘れらないよ・・」

って始まるんですけど、本当にこんなことされたら一生忘れられないなって思いましたね。

主役の方、こんなに盛大に送り出されて、羨ましいな。

その時に僕も、お店をやるんならお客様にとっての感動の瞬間をつくるお手伝いができたらな・・

って。

だから場所は駅近く。

そしてパーティースペースがある所がいいな。

だから結婚式二次会ができるような、ある程度大きなキャパのある場所を探していました。

結婚式二次会、誕生日会、そして送別会・・

記念日、サプライズなんかに使ってもらえるお店をやるぞ!!!

ってなりましたね。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで24日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。