【食べ歩き・倉敷】一風堂 倉敷店/期間限定プラントベース

こんにちは!ChesseCakeKobo PEACHです!

昨日は岡山~倉敷~高梁~津山~岡山と県内をグルグル回る、めちゃ効率悪い一日を過ごしました。

ピンポイントにその場を深く堪能した方が良いですね(;’∀’)

その中で『一風堂 倉敷店』さんに行ったお話をします。

何で情報手に入れたか忘れましたが、ラーメンの一風堂さんが『プラントベース赤丸』というのを期間限定で提供されているのを知りました。

全国44店舗、岡山県では倉敷店のみ。なくなり次第終了です。

どうしても食べてみたい!と思い、さっそく行って来ました!

プラントベース…植物由来の原材料のみでつくれられたものを指します。牛や豚、鶏、卵などの動物性のものを使用していません。

一体、どんな味なのか!!!

2月1日から始まっているので、在庫は残っているのか、、←情報ゲット遅すぎやろ(;’∀’)

席に着いてメニューを見ると・・

あるやん。

さっそく注文・・・

どどーーーーーん!!

見た目は完全に『とんこつラーメン』ですね。

いただきます!

・・・・

味もとんこつっぽい!!

普通に美味しいです(^^)/

スープは昆布出汁や豆乳で作られてますが、味はとんこつっぽい味です。僕はこの味、好きです。

麺も卵なしのプラントベース麺です。全粒粉(小麦粉のお米で言う玄米的な)の麺。

替え玉もできます。

しいて言うなら、フェイクチャーシューをもう少し改良してもらいたい・・それくらいです。

味も美味しいし、なにより久しぶりにラーメンを食べれて感動しました(/_;)

一風堂さんのような大手が・・しかもとんこつ(動物性)をメインに扱ってるような企業が、こういった配慮をしてくれることに好感を持ちました。

さすが一風堂さん!!

プラントベースってフレーズが一般の消費者の方にも知れる機会の一つになったのではないでしょうか。

“プラントベース”ってそもそも何?

の欄に、『地球温暖化の原因となる温室効果ガスの抑制や、畜産に地球資源の消費を削減するために』とはっきりと書かれています。

ラーメン屋という業態で矛盾しているようにも感じますが・・こういった取り組みに対しては、個人的に応援したい気持ちになります。シンプルに嬉しいなって。

でも、ガチガチなヴィーガンの方はこういった取り組みに対して、どう感じるのでしょうかね。

そんなのやるのもいいけど、とんこつ自体をやめろ!!・・みたいな攻撃態勢なのでしょうか。それとも同じように応援したいって気持ちになってくれてるのでしょうか。

一風堂さんクラスの大手で、かつ動物性の食品に頼り切ったスタイルの会社にとって、急に動物性を一切使用しないなんてことは難しいと思います。

焼肉屋さん、精肉屋さんなんて、ど真ん中で打撃を受けますよね。

どうすれば畜産、外食産業、地球環境、食糧問題のすべてがうまくいくようになるのでしょうかね。

悩みは尽きません。

全外食産業には全部を切り替えないとしても、一部ベジタリアン、ヴィーガン対応のメニューを用意してほしいですね。

また消費者側も、そこに対してわがままな態度を取らないようにしたいし、してほしいですね。

僕の飲食店の仲間にベジメニュー作ってほしいって言ったら、「前に海外のクレームの多いベジタリアンの人が来て困ったことがあるからやりたくない」って言われましたね。

提供側も消費者側も両方が歩み寄る必要がある、と思いますね。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで11日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。