【Story】#13 物件探し①どうやって探すか。

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

2010年の年末頃。

独立の期限まで、いよいよ迫ってきました。

当初に決めていた期限は2011年の4月です。

この頃から物件探しを始めました。

これから飲食店を始める人が探す物件には、

・スケルトン物件
・居抜き物件

の大きく2種類に分かれます。

スケルトン物件というのは、完全な空きテナントのことで、テーブルや設備などが一切ないまっさらな状態の物件のことです。

対する居抜き物件は、元々飲食店が入っていた物件でテーブルやイス、厨房設備などが揃っている物件のことを指します。

スケルトンと比べて居抜きで始める方が、最初の初期投資を抑えることができます。

なので初めて飲食店を始めるって人は、『居抜き物件』でスタートするのがおススメです。

次に物件探しの方法ですが、主な手段は次の3つになりますね。

・不動産屋さんに聞く
・飲食店のオーナーさんに聞く
・酒屋さんなどの取引先に聞く

まずは不動産屋さんに尋ねるのが、王道です。

餅は餅屋じゃないですけど、物件のプロは不動産屋さんです。

ただしめちゃくちゃいい物件の情報は、不動産屋さんには流れません。

なぜかと言うと、不動産屋に情報が流れるまでに次の借り手が見つかってしまうからです。

それは紹介です。

飲食店を閉店するってなった場合、そのオーナーさんは次の借り手を探し始めます。

不動産の契約上、

・3カ月前や半年前に出ていく旨を伝える
・出ていく際にテナントをスケルトンに戻す

といったルールが基本的に存在します。その物件にもよりますが。

急にやめるってなった場合、3カ月前連絡の契約であれば、その分の家賃を支払う義務が発生します。

また物件をスケルトンにするための費用も発生してきます。

お店を閉める理由なんて資金繰りに困ってきたという理由が大半なので、その上、お店を閉めるのにもお金が発生するのは本当に痛手です。

なので次の借り手を探します。さらに厨房設備を新しく借りる方に買い取ってもらうこともできます。これを”権利金”と言います。

良い物件、良い設備が整っていれば、権利金を払ってでもその物件に入りたい!という人はいます。

だいたい設備にもよりますが岡山の相場は100~300万とかが多いんじゃないですかね。※この金額はどんどん下がっていると思います。

なので良い物件は、すぐに紹介で決まってしまうのです。

岡山の飲食店などは同業の飲食店同士のつながりも濃く、やめるオーナーさんは知り合いのオーナーさんに「誰か独立したい人いない?」って話になります。

また酒屋さんや食材屋さんなども飲食店のつながりは広いので、独立したい人がいないかを聞きます。

特に酒屋さんの営業の方などは飲食店オーナーさんとめちゃくちゃ仲の良い人も多く、取引先のオーナーさんに「次の店考えてませんか?」とか「独立考えてるスタッフの子いませんか」と聞いてくれます。

現役の飲食店オーナーさんと酒屋さんは、居抜き物件の情報を1番持っているんです。

話は変わりますが、大きなショッピングモールなどのテナントには、大手やある程度の実績がないと基本入ることはできません。

これらの話は、ヴィグールで働いていた頃に可愛がっていただいた飲食店オーナーさんたちに快く教えていただきました。

なのでまずは不動産屋さんを片っ端から回り始めました。

それと同時に酒屋さんにも居抜き物件の情報を探してもらいました。

続く。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで30日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。