【Story】#6 独立するのやめようかな、、と思った話

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

2009年。

ヴィグールで働き始める少し前。和三盆時代に戻ります。

修業時代のお話ではかなり端折っていますが、僕は独立するまでに7店舗のお店で働かせてもらっています。

ヴィグールで働いていた頃もダブルワークで、別の居酒屋さんでも働いていました。

朝から居酒屋さんのランチ、夜はヴィグールで深夜5時まで(片付け終わるのは…)という生活もしていました笑

なので沢山の飲食店を見て来ています。

その中で飲食店の社員さんが、けっこう過酷労働をしているのを見ていました。

の割に給料は・・・、という。

全部の飲食店がってことではないですよ。

僕もカフェで働いていた頃、時給750円でした。僕はとにかく労働時間でお金を稼いだので750円でも月に20万円前後はいただいていました。

※時給750円は2010年前後の頃ではこれが当たり前でした。800円超えたらけっこう高いイメージです。それからだんだんと時給は上がってきているんです。今では900円が岡山の最低ラインですね。

でも、ふと思ったんです。

僕は独立するからいいけど、僕のお店で働くスタッフがこれだったら嫌だなって。

朝から深夜までボロボロになるまで働いて、月収14万(手取り)なんて人も見てました。※くどいですが、全部の飲食店がじゃないですよ!笑

飲食という仕組みがそうなってしまうのかな?

特にカフェは給料が安かったです。でも人気ということもあり、それでもスタッフは集まっていました。※今はそんな甘くないです笑

もしそんな人を増やすのであれば、カフェをやろうというのは間違っていたのかも?

やっぱり飲食で独立するのはやめようかな・・・って考えました。

そんな時、ふと天満屋に立ち寄りました。※天満屋は岡山県では有名な百貨店です。

7階では期間限定で北海道物産展などの催事が行われてて、その日も忘れましたが何かやっていました。

そこでsigne(シグネ)というカフェが、ケーキを販売しているのを目にしました。


出典元:https://hiroshima.keizai.biz/photoflash/277/

これだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

雷が走ったのを今でも覚えています。

ケーキなら全国どこでも売れる!

店内と違って、天井なく売上を上げることができる!!

そしたら、うちのお店で月収100万円とか稼げるスタッフも現れるかも知れない!!

ケーキだ!!!!!!!!!!

と頭の中で妄想しました。

なのでこの頃から実は、最終的にはケーキ屋さんをやると決めていました。

そしてテイクアウトや物販には目をつけてました。

それから催事がある度に百貨店に行っては、全国の様々なスイーツを食べまくりました。

デパ地下を通る度にショーケースを眺め、気になるのがあれば買う。

そして和三盆の社長に『堂島ロール』のことを教えてもらいました。

めちゃくちゃ美味いロールケーキがあると。

天満屋でも出店していることがあって、すぐに列ができて売り切れる、と。

すげぇ。そんなお店があるのか。

食べてみたい!!!!!

しばらくすると天満屋に堂島ロールが出店しました!

もちろん買いに行きましたね。

初めて食べた感想は・・・「普通・・」←めっちゃ失礼!!!!(;’∀’)

というのも、期待値が高まりすぎていました。

その後、いろんなロールケーキを食べまくりました。それでやっとわかったことが・・・堂島ロール、めっちゃ美味しい。

他のがまずいという意味ではないですよ。

堂島ロールの味を一言でいうと、『ミルキー』な味わい。

これだけたっぷりと生クリームを使っているのに、重過ぎない。

ほんと、ミルキーな甘さです。表現力なくて、ごめんなさい。

一番好きなロールケーキは?と聞かれると、僕は『堂島ロール』と答えます。それくらい今では1番好きなロールケーキです。

僕も堂島ロールみたいに、全国の百貨店に出店して行列を作ってみたいな・・と想いました。

これは今でも達成したい夢の1つです。

ちなみに今は岡山にも堂島ロールのお店『モンシェール』さんがオープンしていて、いつでも堂島ロールを買うことができます。嬉しいですね。

大阪に行った時には本店にも行かせてもらいました。

それくらいファンです。

なので実は『堂島ロール』のような商品やお店を作るのが目標なのです。

カフェを始めて、次の展開としてケーキで全国に売る!というのが僕の飲食店の計画の中に加わりました。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで39日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。