プラントベースのチーズケーキ作り・情報収集編

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

以前、ヴィーガンチーズケーキを作りたい!というのをお伝えしました。

ヴィーガンチーズケーキと呼びましたが、今後は”プラントベースチーズケーキ”と呼ばせていただきます。

プラントベースとは、”植物由来の”という意味です。もちろん卵・乳製品といった動物性を含まないものを指します。

ここ数日で、いろいろと情報を集めました。

クリームチーズの代用品は・・

豆乳を酸(レモン汁など)で分離させて、豆乳チーズを作る。※これは一般的なクリームチーズの作り方と同じです。

生のカシューナッツを一晩水に浸し、ふやかしたものをペースト状にする。

この二つが主な手法ですね。

問題は味になってきます。こればっかりは試作してみないとわかりません。。

豆乳のヨーグルトってのがあるんですけど(僕は最近知りました)、これが食べてみると牛乳のヨーグルトとほぼ一緒の味です。豆臭さもなく、普通に美味しい!

これも自家製で作りたいなと作り方を調べてました。意外と作り方は難しくはなさそうです。

ただ発酵させる工程が、腐らせてしまうんじゃないか?とか不安な面があります。どこかで発酵のさせ方習えないかな。。

YouTubeにもいろんな方が、プラントベースのチーズケーキのレシピ動画を作ってくれています。

本当に有難いです(^^)/

ただ・・・僕が目指すチーズケーキを作られてる方は1人もいらっしゃいませんでしたね。

だからこそ、やりがいもあるんですけど(;’∀’)

次の問題は食感ですね。

プラントベースチーズケーキは、大半が固めのボソボソっとした見た目のケーキが多いです。

僕が普段作っているのはとろっとしたクリーミィな仕様になっています。

これを再現するには、”卵”の代わりになるものを見つけなければいけません。

いろいろ探した中で、気になっているのは”アクアファバ”ですね。

豆(ファバ)の煮汁(アクア)です。

驚いたのですが豆の煮汁を泡だて器で攪拌すると、メレンゲのようにクリーム状になるんですね。

また豆の中でも”緑豆”というのが、熱を加えると凝固する性質があるそうです。

この緑豆を活用して、卵の代用にならないかな・・と考えています。

↑こんなに内容をしゃべっていいの?企業秘密じゃないの?

いいんです!

気になった方はパクってください。

僕も今まで散々パクらせてもらって、それをアレンジさせて色々な料理を作って来ました。

また世の中に美味しいプラントベースの食べ物が増えることを願っていますので、アイデアは共有した方が良いと考えています。

配合、味付けはセンスになって来ますので、そこはどうしてもパクりではどうにもならない部分でもあります。

大手の大量生産大量消費の食べ物に、味で負けることはほぼありませんしね。

強気なこと言いましたが、まだ試してもないので成功するかもわかりません!!笑

お店を出す前の頃・・家でいろいろ考えていた時を思い出しますね。

目指しているのは、これです!!

味も、食感も負けないもの作りたいと想います!!

成功したら、革命ですわ!!

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで9日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。