【閲覧注意】工場畜産について

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

今日はついに、工場畜産についてお話しようと思います。

知らない方、観たことがない方にとっては衝撃的な内容です。

僕も初めて知った時は、かなり衝撃を受けました。

前回、ヴィーガンチーズケーキを作る計画を立てているとブログで書きました。

その時に普通に卵・乳製品使えばいいのでは?

って思われた方もいらっしゃると思います。

そしてアニマルウェルフェアとか謳って、わざわざ高い材料を仕入れる必要があるのか?

その理由は、今回お話する『工場畜産』です。

普段、何気なく口にするお肉や卵、乳製品が手元に来るまでにどんなストーリーがあるかご存じでしょうか。

肉食の需要は年々増加傾向にあります。

日本は人口が減ってるって聞きますが、世界で見ると人口はどんどん増えて続けています。

今まで肉を食べられなかったのが、経済発展により食べれるように。

肉をより多くの人に、そして安く提供できるように、『畜産の効率化』がどんどん進められていきます。

それで出来上がったのが『工場畜産』です。

工場式畜産、集約畜産、Factory Farming・・とも呼ばれています。

『効率よく家畜を育てる』と言葉だけ聞くと、良さ気に感じませんか?

実際にはどのようなことが行われているのか?

まずは牛、豚、鶏などの家畜動物たちを育てるための、大きな工場や放牧場を作ります。

広大な敷地を確保するために、森林が伐採、伐採・・

アマゾンでは伐採された森林の7割が畜産の放牧によるもので、牧草地になった面積は45万km2という。
出典元:wikipedia

出来上がった工場には、ほぼ隙間なく動物たちが押し込められます。


出典元:https://twitter.com/hashtag/%E5%B7%A5%E5%A0%B4%E7%95%9C%E7%94%A3

最も過酷な環境では、体の向きを変えることもできない状態でケージ(檻)の中に。


出典元:https://wm-salon.com/animalhusbandry-animalwelfare/

糞尿が垂れ流されたままの劣悪な環境下でずっと過ごします。

それから早く出荷するため、大量の食糧を食べさせて太らせます。それも無理矢理に。

そして出荷されるまでの移動の光景もひどいものです。

牛や豚のような大きな家畜はスタンガンなどでショックを与えながら動かせ、鶏などはゴミを投げるように出荷用のケージに積め込まれます。

では動物の命を奪わない卵や乳製品などは問題ないのでは?

僕もそう思いました。

実情はというと・・

卵に関して。

まず一番の衝撃なのですが・・卵を産めるのは雌の鶏のみです。

なので雛が生まれると雄と雌を仕分けして、必要のない雄の雛は・・・ブレンダーに掛けられて処分されます。粉々です。

残った雌の鶏はバタリーケージと呼ばれる、身動きが取れない檻に閉じ込められます。


出典元:https://wm-salon.com/animalhusbandry-animalwelfare/

牛乳に関して。

牛乳は『乳牛』と呼ばれる、乳が良く出る牛から搾乳されます。

勘違いしていたのですが、乳牛はいつでも乳が出るわけではありません。人間と同じで妊娠、出産した時に初めて父が出るようになるのです。

なので乳を搾るために、人工的に妊娠、出産が繰り返されます。

そして本来、子どもの牛が飲むはずの母乳を私たち人間が飲んでいるんです。

生まれたばかりの子牛はすぐに親元から引き離されます。人間様に売るための乳を飲ませては商品の生産量が落ちるからです。

牛に限らず、家畜と呼ばれる動物たちは出産後、すぐに親と子は引き離されます。

ヴィーガンと呼ばれる「お肉を食べない人たち」は、この行いに加担したくないという気持ちからお肉を食べるのをやめているんです。

これに反対する人たちが実際に工場畜産の状況を隠し撮りした映像がいたる所で発見できます。

【閲覧注意】ここからが閲覧注意です。人によっては気分を害する映像だと思います。

それでも知っておいてほしい、という気持ちからこの動画をシェアすることを決めました。どうしても無理な方は、スルーしてください。

勇気出して、観ていただいた方、本当にありがとうございます。

僕もずっと知りませんでした。

最初に工場畜産を知ったきっかけは、ダイニングバーを経営していた頃にクリスマスディナーにフォアグラを提供した時のことです。

YouTubeで『フォアグラ』と検索すると1番上に出てくるのがこの動画です。

衝撃を受けました。

これ以来、お店でフォアグラを使うのはやめることを決意。僕自身も外食でフォアグラを注文することはしないと決めました。

環境大臣の小泉新次郎議員もフォアグラは食べないようにしているとおっしゃられてます。

※ちなみにバルとかでよく提供される白レバーのパテとかの白レバーもフォアグラと同じです。

また動画配信サービスのNetflix(ネットフリックス)でも、この畜産に関するドキュメンタリー映画などが配信されています。

この他にもネットフリックスオリジナルの映像作品でも、畜産や食品の裏側を取り上げられたものがいくつかあります。

今まではほぼ表に出てこなかった『工場畜産』ですが、最近では日本の国会でも議論されるようになりました。

直近の話だとケージフリーに対する世の中の流れに対して、それを推進しないでくれとバタリーケージで育成している大手鶏卵会社が賄賂を渡した事件が明るみに出ていましたね。

最近では国としても「バタリーケージを推奨しない」と環境大臣が明言されました。

これからの畜産の在り方は、見直されるべきだと思います。

また消費者の立場としても「買うもの」の選択を、見直していかなくてはいけないのではないでしょうか。

なので、CheeseCakeKobo PEACHではチーズケーキに使用する原材料には、生産工程も加味した上で選んでいます。

また同時にヴィーガンチーズケーキを開発しているのも、ここに理由があります。

僕自身、ヴィーガンほど徹底はできていませんが、工場畜産を知ってからお肉の消費をやめました。

魚はまだ食べています。卵、乳製品はほとんど摂っていまっせんが、まだ少し。。偉そうに言っててごめんなさい。

さらに言うと肉も好きで、何かご飯を食べる時は必ず肉が入っているものを食べていました。

飲食店を経営していた時もしっかりと肉を販売してましたし、『生ハム食べ放題』をおススメのメニューとして提供していました。

食べ歩きも散々してきましたので、ほんとにいろいろなものをよく食べてきました。

そうです。一緒です。元々ベジタリアンの家庭で生まれた訳でも、宗教も関係ありません。

この活動に賛同できない、と感じたからです。

いきなりのライフスタイルを変えるのは難しいかも知れません。

でも工場畜産を知って、「少しお肉を食べるのを減らそうかな」とか思ってもらえたら嬉しいです。

ちなみに畜産に関する問題は、動物愛護だけの問題ではないんです。

他にも環境問題や健康面にも大きく影響を及ぼしています。

これに関しては僕自身、もっと調べてデータを用意してシェアして行きます。

1人1人の選択が世界を変えます!

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで14日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。