【真庭】五向園さんの茶畑を見学に行って来ました!

8月8日。

真庭にある五向園さんの茶畑の見学に行かせていただきました!!

おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

岡山県の真庭市は、お茶の産所として知られてします。

うちのオープン当初より、岡山の真庭産の緑茶を提供させていただいていました。

その頃はどこの茶園とかのこだわりなく、「岡山産の茶葉」を産直市場で購入。

ここ最近になって、もっと緑茶に力を入れていきたいなと考えるようになり‥どうせなら、栽培方法も自然なやり方で作られているものがいいなと。

それでネットで調べていると出て来たのが、「五向園」さんでした。

五向園さんは今ではとても希少な「実生在来種(みしょうざいらいしゅ)」の茶木を保有されています。

「実生在来種」ってなんだ!?

調べると種子からその土地で育った茶木のことです。

日本の大半の茶木は苗を購入して、後から植えたものばかりなんですね。←この辺の理由も五向園さんに教えていただきました。

そして五向園さんは自然な育て方を心掛けられているのを知り、「この茶葉を使いたい」って想うように。

「ぜひ見学に行きたい!!」

でも1つ氣になったのが「実生在来種の茶葉は、お茶の渋みが強い」と言われていたことです。

個人的には飲みやすいお茶の方がいいなと想うので、行ってからやっぱ違うって言うのは大変失礼だろう。

事前に購入して試飲してから行くことにしました。

あわせて読みたい
特別栽培の煎茶、鋳物の釜で焙じたこだわりの番茶・ほうじ茶、こだわりブレンドの玄米茶を製造販売「有限会... 五向園のお茶は特別栽培、焙じ香が強く独特の味わいのある焙じ番茶は他にはない、心和む田園風景を思わせるようなお茶です。特別栽培の煎茶、鋳物の釜で焙じたこだわりの番...

特上煎茶を購入して、試飲。

渋みは特に氣になりませんでした。

「よし!じゃあ見学に行かせてもらおう!」

連絡すると、快く承諾をいただきました!

・・・・

目次

五向園さんへ!!

8月8日。

真庭に行って来ました!!!

五向園さんの製茶工場です。

見学前にこちらで五向園さんのお話を色々と聴かせていただきました。

こちらの茶畑の歴史は昭和4年に種が植えられて、今の茶畑ができたそうです。

昭和25年に五向園さんが引き継ぎ、今の代までこの茶畑を守られているそうです。

当時植えられた種が育ち、100年の歴史ある茶木になっています。

ちなみに日本のお茶の生産の約90%は「やぶきた(藪北)」と呼ばれる品種。

やぶきたは在来種の中から「美味しい」ところだけを取り出して、品種改良を加えて作られた優秀な茶木です。

味も甘味があり、まろやか。そして育ちも早くて、栽培もしやすいといういいことだらけ。

その反面、在来種は渋みがあり、育ちも

それで人氣の高いやぶきたが日本全国に広がり、それまであった在来種は淘汰されていきました。

「実生在来」が良くて、「やぶきた」が良くないという話ではないんです。

実生在来種の魅力

出典元:五向園(https://www.gokouen.net/

五向園さんおホームページから引用させてもらいます。

図にあるように、実生在来種は

・根が太く長い
・生命力が強い

というのが強みです。

やぶきた種はお茶のいいとこどりなので、ほぼ単一の品種が集められています。

それに対し在来種は、いろいろな茶葉が混ざり合った生前のブレンド。

お茶の独特の渋みや旨みがたっぷりと味わえるのが特徴です。

※といっても五向園さんの茶葉は、クリアな方でそんな渋みを強く感じはしません。

また在来種自体の成長スピードが早くないため、生産量も多くはありません。

日本では作られているところがほとんどなくなって来ましたので、希少価値はかなり高いです。

地元でも「やぶきた」の方が人氣があり在来種は好まれないとのこと(;’∀’)

しかし最近ではその希少性や自然の味わいなど、その良さが見直されつつあります。

そんな希少な実生在来種ですが…なんと五向園さんの後継者が今はいらっしゃらないそうです(/_;)

五向園さんの茶畑

色々とお話を聴かせてもらい、いよいよ茶畑の見学に!

製茶工場から少しだけ離れた山の斜面に茶畑があります。

育ちが落ち着くと、こんな感じでバッサリと切ります。

そうすると新しい芽が生えて来て、再生して元氣な茶葉になっていくそうです。

ちょうど茶葉を刈り取っているところで、撮影できるように待ってくれていました!笑

今日は息子さんが夏休みで手伝いに来てくれていたみたいです。

二人がかりで摘採機を持って刈っていきます!

8月に見学に行ったのですが、この時期に摘んだ葉はそのまま茶畑に巻いて肥料にするそうです。

自然の循環ですね~~。

こういうの皆さん、お好きですよね。

ちなみに茶畑には大きな扇風機が設置されて、冬に霜が降りないように使用されているんですね。

「防霜ファン」というそうです。

でも「それって自然じゃないよね」っていうことで、防霜ファンも撤去されたとのこと。

すげーーー!!!!!

茶葉も大量に購入!!

自分が飲食店をやっていることは事前にお伝えしていて、ついでにまとめ買いできるようにお願いしていました。

ネットでも購入させてもらった「特上煎茶」を。

暑いと変色するそうで、普段は冷蔵保存されているそうで

五向園さんの実生在来種の緑茶、提供しております!!!

チーズミルクティーなどのアレンジティーも、この緑茶がベースになってます!!!!

昔ながらの味わいをぜひお愉しみください(^^)/

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる