玄米パスタの途中経過・・。

今日は制作中の玄米パスタがどうなっているのかをお話していきます。

おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

さて、8月からオリジナルの玄米パスタ作成のプロジェクトが始まりました。

あわせて読みたい
【製麺所】オリジナル麺作成と米粉麺のペペロンチーノ!! 今回はメニューにまつわるお話です。 カレー作りが難航している中・・料理で自分が最も得意とするパスタを勧めて行くことを決めました笑 ただカレーから逃げた訳ではあ...

岡山の製麺所「アラメゾン」さんにお願いすることに。

もともとアラメゾンさんで米粉パスタを作成されていたので、それを玄米粉に変えるだけ・・という感じでスタートしました。

出来上がったパスタをよりイメージに近づけるために、パスタのカタチを変えたり、粉を変えたり・・いろいろと試しています。

モチモチ感がほしくて、スパゲッティタイプのものを発注しました。すると「つなぎ」の部分で問題が・・。

麺が千切れやすく、扱いが難しい感じに・・。

そこで調べたところ、粉に使用するお米の品種も重要なことがわかりました。お米にはアミロースという成分が含有されています。

このアミロースが低いとモチモチとした食感のお米に炊き上がります。もち米はアミロースがゼロだそうです。

ただ粉にした場合、アミロースの含有量が高い方が粉同士が繋がりやすいというメリットがあるようです。ちなみに「高アミロース」と言います。

また麺として使用する際に、低アミロースのお米だと麺同士が引っ付きやすいというデメリットもあるようです。

現在、試作用にアラメゾンさんに預けている玄米粉は「きぬむすめ」というコシヒカリと似た成分で「中アミロース」に位置します。「うーーん、今回もうまく行くのか?」と不安ではありました・・。

それで昨日、アラメゾンさんから「試作ができました」との連絡が。

「つなぎの部分はどうでした?」と聞いたところ、「配合を変えて、過去最高の出来です」と返信が!!!

いろいろと試してくれています。本当に有難うございます!!!!!

今回はフェットチーネ(平麺)も頼んでいます。

平麺も美味しそうですよね。食感がとても気になります!!

明日、取りに行って、さっそく試作してみます!!!これでうまくいけばやっと玄米パスタで料理つくることができるようになります。

玄米粉ように仕入れるお米も大量に仕入れに行きます!!!

お時間かかってますが、着々と動いておりますよ~!!

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』へ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる