チーズケーキの歴史

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

今日はふとチーズケーキの歴史について、調べてみたのでシェアしますね。

あ、最初に注意が、ほぼwikipedia情報です笑。

ーーーーーーーーーーーーーーー
チーズケーキの起源は・・
ーーーーーーーーーーーーーーー

紀元前776年。古代ギリシャの時代。

第1回古代オリンピックでアスリートたちに振舞われていたそうです。

『トリヨン』という名前で、ラード、ミルク、卵、チーズ、小麦をいちじくの葉に包んで茹でたものにハチミツをかけた・・プディングのようなもの。

これはこれでどんな味だったのか、気になりますね。

ラード?って思いましたが、当時は油脂を植物から抽出する手段がまだなく・・ラードが手に入りやすかったのかも知れませんね。

・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーー
では僕らがイメージする『チーズケーキ』の起源はと言うと・・
ーーーーーーーーーーーーーーー

中世前期(西暦500~1000年頃)ポーランドのパドハレ地方と言われています。

ここの山の民「グラル人」の郷土料理「セルニック」が、現代チーズケーキの起源のようです。

「トゥファルク」と呼ばれる、生乳を軽く発酵させた酸味のあるフレッシュチーズが使われています。

クリームチーズと違い、酸味があるのでレモン果汁を搾ったりしていないらしいです。てかこれを再現するのに、酸味を入れるんでしょうね。

出典元:https://japolska.exblog.jp/26012923/

ネットでいろいろ探しましたが、この型のブログで紹介されてたものはポーランドの方が作られたっぽいので引用させていただきました。

チーズケーキ職人としては、どんな感じなのか一回は食べてみたいですね。

人類最古のチーズがパドハレ地方で発見され、中東や地中海周辺でのチーズ起源説が覆ろうとしています。

後にポーランドから移民したユダヤ人がレシピを持ち込み、アメリカにもチーズケーキが普及するようになりました。

・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみにチーズケーキ作りに欠かせないクリームチーズの起源は・・
ーーーーーーーーーーーーーーー

1872年にアメリカで誕生したようです。ニューヨークの乳製品加工者のウィリアム・ローレンスさんが、フランスのチーズ・ヌーシャテルを再現しようとして開発されました。

「これまでにないほど豊かな風味を持つチーズを生クリームと全乳から作った」と。

クリームチーズの発祥はアメリカだったんですねー!!意外です(^^)

・・・・

ちなみにヌーシャテルがこちら。


出典元:https://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/neuchatel/

ハートの形が可愛いですね。プレゼントに最適!

・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーー
日本でのチーズケーキの登場は・・
ーーーーーーーーーーーーーーー

1973年に『万宝珍書』という書籍に「チーズケーキ」の単語が載りました。

ネットで調べて「万宝珍書」見つけました。中も見れます。すげぇ!


出典元:https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/849135

ライスチーズケーキと書かれています。

万宝珍書は百科事典のようなもので、チーズケーキのレシピが載っているようです。

1946年に日本でもレストランにチーズケーキが提供される。

戦後、捕虜として日本に連れて来られた、ドイツ人のケテル氏が銀座にオープンしたお店(店名もケテル)です。

1960年に日本人のお店でもチーズケーキが提供される。

六本木にあるイタリア料理店「キャンティ」で。

それからケーキ屋さんでもチーズケーキがラインナップされるようになります。

1970年にチーズケーキブーム到来。

女性誌などでも取り上げられ、定番のケーキの1つになっていきましたとさ。めでたしめでたし。

ざっくりとお話しましたが、これがチーズケーキの歴史です。

洋菓子と言えば『フランス』をイメージしますが、チーズケーキの発祥はフランスではないのですねぇ~。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる