【生産者】卵娘庵さんに行って来ました!

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

昨日のお話になるのですが、卵生産者の『卵娘庵』さんに行って来ました。

早島駅の目の前にお店があります。倉敷のテンポスにオーブンを取りに行っていましたので、そのついでに寄らせてもらいました。

先日、音声SNS『Clubhouse』でたまご屋さんと知り合った話をしましたが、その!たまご屋さんです。

さっそく行って来ました(^^)/

岡山の早島駅を目がけるとすぐに見つかります。

卵娘庵は会社名でお店の名前は「こひよ」なのかな。

中に入って「Fさんいますか?」と尋ねるといらっしゃいました。このFさんというのがClubhouseで知り合った、卵娘庵の社長さんです。

「あのClubuhouseで・・」

「あーー!!」

という感じで無事にご対面することができました。

人見知りなので、勇気ふりしぼりましたよ笑

Clubhouseで会話をさせてもらった時に印象に残ったのが、「鶏ファースト」と言われていたことです。

普段何気なく食卓に並んでいる『たまご』ですが、そのたまごが産み落とされて店頭に並んで皆さんのところに届くまでにどんなストーリーがあるかご存じでしょうか。

たまに『平飼いたまご』とかって見かけたことありませんか?

平飼いたまごは、にわとりを自由に遊ばせて(←いい言葉がおもつきませんでした(;’∀’))、ストレスなく育てる環境の中、産みおとされます。

平飼いたまごがあるということは、そうじゃない環境で産み落とされた卵があるんだってことですね。

お金を稼ぐってことだけを考えると、『平飼い』は”普通”のたまごと比べると経費がたくさんかかります。

卵娘庵さんのこだわりや想いをいっぱい聴かせていただきました。

愛情込めて鶏さんたちを育ててるんだなって。

まだこのブログでは語っていませんが、僕もチーズケーキに込めている想いがあります。

“高級チーズケーキ”って謳ってますが、高く売って儲けたいんじゃないんです。

使用する食材が生産されるまでにたくさんの想いや労力、経費がかかっていて、それはお値段にも反映するんです笑

生産者の皆さんは、それでもなんとかギリギリのラインで、消費者の皆さんの元へ届けられるようにと企業努力されてます。

同じ志を持ってると感じました、ね。

↑何を偉そうに!(;’∀’)(;’∀’)(;’∀’)

まだ語っていないチーズケーキを作ることで伝えたい想いがあります。それはまた別の機会に。

卵娘庵さんの養鶏所は井原の芳井町にあるそうです。約7000羽の鶏ちゃんたちが元気に動き回ってるみたいです。

メスだけだといじめとかも起きるそうです。オスが少しいるといじめも起こらないんだとか・・鶏も人間界と同じなんですね笑

2階にはイートインのスペースもあります!

たまごかけごはんをいただきました!

たまごもお米もおいしかったです(^^)/

プリンもおススメです!!

卵白のみの白いプリンと卵黄入りの黄色いプリン、そして2層の3種類です。

僕は3種類とも食べましたが、僕個人は黄色のが好みでしたね。

卵娘庵さんのホームページはこちら!

気になる方はぜひ、足をはこんでみてください(^^)/

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで50日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。