【Story】#4 修業時代③駅前のお店・接客編

おはようございます!CheeseCakeKobo PEACHです!

修業時代、駅前編の続きです。

無事に『VIGUEUR(ヴィグール)』のオープニングスタッフに合格した僕は、ここで本当にいろいろと刺激をいただきました。

オーナーさんは東京出身でダイニングバーを多店舗している有名飲食企業の元スタッフでした。

どんな学びがあったのか、順番にお話していきますね(^^)/

VIGUEUR①オープン研修

研修期間、見せていただいたDVDが衝撃でした。

東京中心で多店舗展開されている居酒屋『てっぺん』の本気の朝礼のDVDです。

お店の開店前、大きな声を出して夢や目標を発表したり、接客用語の声出しをその名の通り”本気”で行う朝礼です。

その朝礼では一般のお客様も参加することができます。

テレビでも取り上げられてるので知ってる方もいると思います。

衝撃でしたね。

普通にアルバイトしようなんて学生やフリーターは、すぐに逃げ出しちゃいそうですよね笑

モチベーション、向上心の高いスタッフさんが集まっていました。

お客様を本気で楽しませよう!!という気合が、映像からガンガンに伝わってきました。

さらにはてっぺんで働いたことでどんどん成長したり、夢を見つけたりするスタッフさんも。

すげぇ、世の中にはこんなすげぇ店があるのか。

VIGUEUR②グランドオープン

いよいよ。オープンの日が。

VIGUEURは、コの字型のカウンターが中心にあるスタンディングバーでした。

前も後ろもお客様に囲まれる、『接客』が主軸になるお店です。

お店のコンセプトは気軽によれるバルスタイル。

BARと書いてバーではなく、バルと読みます。

日本語にすると『酒場』という意味合いですね。ワンピースに出てくる海賊が騒ぎながら飲む、あの『酒場』のイメージです。

今はバルっていう文化がすでに定着しているので、もうわかりますよね。当時の岡山にバルスタイルのお店は2、3店舗くらいしかなかった気がします。

料理はタパスと呼ばれる小皿料理が中心。スペイン系やイタリアン、フレンチの要素を盛り込んだメニュー構成でした。

プレオープンはオーナーの関係者を呼んでの営業。オープン3日間は半額セールというスタートでした。

社員さんがオープン直前で入院することになり、僕は接客担当だったのですが急遽、調理補助に回りました。

注文が入る度に店長に作り方を聴いて、すぐにメモり、覚える、提供する、という超ドタバタでした。

ちなみに店長とオーナーさんは別です。東京のイタリアンで数年勤務していたシェフが店長をやっていました。年も近くめちゃ仲良くやれましたね。

18時にオープンして、朝の5時までの営業でした。オープンの3日間は19時間労働しましたね笑

ボロボロになりましたが、めちゃくちゃ楽しかったです。

VIGUEUR③接客

このお店で僕は接客を学びます。マナー的なものではなく、エンターテイメント的な接客について、です。

「店員がカウンターの中でふざけてるのがかっこいいんだよ」

オーナーさんに教えてもらった言葉です。

なんだ、そりゃー!!!

カウンターの中ではスタッフはいつも冗談を言いながらふざけていて、いざ注文が入ると真剣な顔してササっと作って提供する・・

これが本当にかっこええんです。

僕らはカウンターの中ではいつもふざけまくってました。

でも料理やドリンクはしっかりと真面目に作って提供していましたよ。

オーナーさんが某ダイニングで働いていた頃の話をたくさん聴きました。

外国のお客様が店内で写真を撮っている時、気づかれないように遠でスタッフがピースサインをして写真に写りこむ・・すると帰国して、写真を現像した時にもサプライズがある、と。

面白れぇ!!

時給は自分たちで決める。給料を決める際、スタッフ同士が集まって「オレの時給は1500円だと思います」と自分で主張するそうです。それに対して「お前は1500円の働きをしていない」とか「1500円をもらってもおかしくない」みたいな感じで”さわやか”に言い合いするようです。

こわ!でもすご!

接客に大事なことが2つ。

・anticipate(アンティシペイト)…事前予測。お客様が何を求めているかを先に予測して接客する。おかわりを頼まれる前にドリンクを伺う・・など。

・recognition(リコグニション)…顧客認知能力。お客様のことを覚える。名前、注文されたもの、前回の会話など。

接客の神様と呼ばれる新川さんの本を貸してもらい、読ませてもらいました。

そこにはただ注文を聞いて、商品を提供するというサービスではなく、楽しんでもらう秘訣がたくさん載っていました。

はっきりと覚えているのは、アンティシペイトとリコグニションだけですが・・接客する上で気を付けていることはこの本のエッセンスが今も生きてます。

↑偉そうに言えるほど完璧にはできませんが(;’∀’)

独立後、よく覚えてるって言われてましたが、僕はiPhoneのメモにいつも会話と名前をメモってます。これは内緒の話。

長くなりましたので、ヴィグール編、また続きます笑

思い出しながら書いてますが、止まりませんね。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH』へ。

プレオープンまで43日。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。