Plant-Basedハンバーグ(プラバーグ)ができるまで①偶然

新しいメニューはいつも偶然に生まれる。

今日は先日、コース料理のメインディッシュで提供した「やさいのハンバーグ」が誕生するまでのお話をしていきますね(^^)/

料理名ですが「Plant-Basedハンバーグ」、略して「プラバーグ」と名付けます。

おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

プラントベース料理をやるからには、ハンバーグやるしかないでしょう。

大豆で作るのが王道ですよね。

ただどうせやるなら、他がやってないようなのがいいなと。

これまでプラントベースのハンバーグは、いくつか食べて来ました。どれも美味しかったです。

でも柔らかいイメージがあって、僕はもう少し歯ごたえ?食べ応えのあるものが良いな~と。

ネットでレシピを探していたところ、僕が注目したのはたかきびでした。

たかきびは畑の肉とか畑のビーフなんて言われています。弾力がって、焼くと黒くなって、それが肉っぽくもなります。(とのこと笑)

ネットで調べたたかきびのハンバーグのレシピは

・たかきび
・たまねぎ
・小麦粉
・パン粉

だいたいこの4つの食材が主になっていますね。

僕は肉でハンバーグを作っていた頃、つなぎや他の混ぜ物を入れない肉100%で作るのが好きでした。

なのでプラントベースでやる場合でも、肉100%的な感じにしたいなって。

ちなみにつなぎとは、小麦粉や卵のことで具材同士がつながって固まりやすくするために入れる材料のことです。

肉だけだと崩れやすいので、つなぎを入れることがあります。

肉100%で作る場合、そういう弱点があります。が!ポイントもあって、肉に塩を混ぜてしっかり捏ねると粘り気が出て来るんですよね。

ここをちゃんとやれば肉100%でも、崩れないハンバーグは作れます。

・・・・

いろいろと考え、つなぎに採用したのは「もちきび」です!

ここが偶然のお話。

たかきびを求めて一所懸命農園さんに問合せたところ、たかきびではなく、もちきびを栽培していることがわかりました。

でもせっかくなのでと購入した「もちきび」。

あわせて読みたい
一所懸命農園さんで、もちきび買いました~ 昨日も農家さんのところに行って来ました~!! 今回も東区にある『一所懸命農園』さんに。 おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepea...

1回、炊いてみようと炊いてみました。それがこちら

もちろん圧力鍋で。

綺麗な黄色いつぶつぶです。

食べてみると・・めっちゃモチモチ!!!!

「ん?たかきびじゃないけど、もちきびでハンバーグ作ってみたらどんな感じだろう?」

てことでためしにもちきびバーグを試作。

肉のハンバーグを作る時と同じ要領で、塩と一緒にこねこね・・

成形して焼きます!

裏返すとこんな感じ。

出来上がったのがこちら。

うん、見た目は理想とは違う笑

てかまないた黒くなっててすみません(普通、隠すだろこういうの(;’∀’)さーせん)

切って見ると断面はこんな感じです。

断面、けっこう旨そうなんですよね。

食べてみたら・・「うん、ハンバーグではない」でも味はモチモチでめちゃくちゃ美味しいんですよね。別の料理ですね。

もちきびいいなぁ~。

あれ?このモチモチ感・・つなぎに使えるんじゃね?

ってことでもちきびをつなぎに採用することにしました!!!!

これが偶然です。

つづく。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる