『焙煎玄米粉』を作りました!!

昨日は「焙煎玄米粉」作りに挑戦してみました!!

おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

焙煎玄米粉とは、その名の通り玄米を焙煎して製粉した玄米粉のこと。

ことの経緯をお話すると・・

オリジナルの玄米パスタを制作中です。順調に美味しいのが出来始めたのですが、問題が発生しました。

それは「玄米粉」を変えたら、味が全然違うものになってしまいました。

最初に使用した玄米粉がこちら。

写真の左側の玄米粉です。

『図司穀粉 パン洋菓子用玄米粉 1kg』

プロフーズさん(業務用の食材が購入できるお店)で購入させていただいた玄米粉で、一般的に流通しています。

最終的には岡山産の玄米でパスタを作りたいんですけど、まずは試作をしてみるってことで使用しました。

サンプル第1弾がこちら。ちなみにリングイーネです。

実際に試食してみると、米粉のパスタと違う風味で「これはいいぞ!」ってなりましたね。

それからパスタの形状を変えてみました。

第2弾がこちら。スパゲッティに。

スパゲッティにしたら、モチモチとした食感が増し、かなり理想に近づいて来ました。

ただ「つなぎ」に課題があって、麺が千切れやすいという・・。

配合を変えてどうなるか・・って段階になってました。

このタイミングで玄米粉を変更することに。

というのも、配合を考えるにしても「粉」が違えば、出来上がりも違う可能性がありますので。

で!岡山産の玄米粉を見つけて、それでサンプルをお願いしました!

出来上がったのがこちら。

「白っぽい・・」

粉自体の色が最初の粉と比べて白かったです。図司穀粉さんの玄米粉は茶色でした。

出来上がったパスタを比べてみると・・

一目瞭然ですよね。

味も違って、白い方は普通の米粉パスタに似た味になってました・・。

個人的な話ですが・・パスタはやはり小麦粉(ディラム小麦)が最強なのは間違いないです。

玄米パスタはそれに続く、旨さかなと。

米粉パスタは正直、個人的には好みではないんです。

誤解しないでほしいのは、岡山県産のが美味しくないとか米の品種の問題ではないということです。

根本的に作り方が違うってことです。

ここに来て、振り出しに戻ったかと・・・・。

そこで・・ネットでちらっと見ていた『焙煎玄米粉』っていうのを調べました。

玄米を粉にする前にフライパンで煎って、香り高くしてから作る玄米粉です。

・・・・

長くなりましたが、ここからが今日の本題に入ります(;’∀’)

さて、さっそく試作していきますよ~。

上は洗米した玄米で、下は実際にフライパンで煎っているところです。

ネットでは弱火から中火で10分くらい・・と。

そろそろかなってところで、1回製粉してみました!

製粉機は超小型タイプでは最強?のラボネクトさんの『コナッピー』です。3.4万円くらいで買えます。

2分間回せば、かなり微細粉に。

「うーーーーん」

まだまだ白いですね。

もっと攻めてみましょう!

「ぎゃーーーーーーーーーーーー!!!!」

ちょっと目を離した隙に、黒焦げした部分が~~・・・・。

これ、捨てるしかないのか??(;’∀’)もったいね~・・・。

とりあえず製粉してみました。

あれ?黒い部分がない!!!

お!!!!!めっちゃいい感じ!!!???

最初に製粉したのと比べても、良い感じの茶色です。

もう混ぜちゃいました!

出来上がったのがこちら!

かなりいい感じに仕上がりました!!

理想の煎り加減はこれくらいですかね。

焙煎してみようって方は、参考になれば!!

用意した玄米、全部製粉しました。じゃん。

約1.2キロくらいです。

後は・・玄米パスタを作るのに、うまく繋がってくれるかどうか。

・・・・

ちなみに・・・コナッピーの場合、1回に100gまで製粉できます。

ちょっと多めに入れて、150gずつ製粉しました。

細かくするまで2分。

1キロ製粉するのに、2分×7回・・。

米入れて、製粉して2分待って、粉をタッパーに移して、粉入れて、製粉して・・・・

めちゃくちゃ手間やん(;’∀’)

もっと大きい製粉機が欲しいですね。。

焙煎って工程が入るので、製粉機を持たれている農家さんにお願いするって流れではなく・・自分で製粉するしかないなぁ。

岡山産にこだわらなければ、ネットでいくらでも簡単に手に入ります。

ただ自然栽培などにこだわると、自家製にしないと価格は上がりますね。手間考えると当然ですけど。

でも最初に試した『図司穀粉 パン洋菓子用玄米粉 1kg』だったら、1キロで700円弱くらいで手に入ります。米粉よりは高いですけど、玄米粉の中ではかなり安価です。

こだわりさえ捨てれば・・・(;’∀’)

でもこれが捨てれないんですよねぇぇ。なんで岡山産にここまでこだわってしまうのか、もう自分でもわからないです。

手間暇かかってる分、想いはしっかりこもってます。え?いらないって?まぁまぁ(;’∀’)

ちなみに購入したい候補の製粉機は35万円くらいで買えます。

売上が上がったら、製粉機買いたいですね!!

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ。
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』へ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる