玄米パスタ1.3と1.4のサンプルいただきました!!

玄米パスタの新しいサンプルが出来上がり、取りに行って来ました。

今回は、岡山産の自然栽培玄米粉で1.8㎜スパゲッティのブロンズとテフロンの2種類を作ってもらいました。

おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

最初に結論をお伝えしますが・・・「厳しいーーーーーっ!!!」です。

はぁ~(*´Д`)

それでは試作の状況をレポしていきます。

・・・・

出来上がったサンプルがこちら!

前回の粉と比べると「白い」です。

ブロンズ。

テフロン。

違いはわかりにくいかも知れませんが、ブロンズは表面がザラザラしていて、テフロンはツルっとしているのが特徴です。

サンプルを取りに行った時に言われたのですが、今回の粉では麺が切れやすいって言われましたね。

米粉は小麦粉と違って、粉同士が繋がりにくい性質があるんですよね。

米粉・・奥が深いです。

では試作を。

まずはブロンズから。

感想は後程。

続いて、テフロン。

どっちも野菜のオイルパスタで。

感想ですが・・・・・前の粉(市販のやつ)が美味しかった!!

です・・。

はぁ~(*´Д`)

白いと言いましたが、味も白米の米粉っぽい味でした。

粉が違うだけで味も全然違うんですね・・・・・・。

うーーーん。ちょっと玄米粉のことを研究しないといけないですね。。

なんか玄米を焙煎している粉もあるみたいで・・茶色い玄米粉は焙煎してるのかなぁ?

あと製粉前に吸水させるやり方も聞いたことがあります。

さらに言うと、製粉する手法も様々で。

カッターで粉砕するもの、米粒同士をぶつけて粉砕するもの・・・などなど。

どの方法が1番良い製粉方法なのか・・・。

うわあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

もう発狂しそうですわ。。

先は長い。。。。

製麺所さんにもご苦労おかけしますわ・・・・。

はぁ~(*´Д`)

何か良い情報あれば求みます・・。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ。
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』へ。

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる