【実験】大豆から大豆ミートを作れるのか?

菜食で重要なたんぱく源になる、大豆ミート。

これってどうやって作られてるの?

大豆ミートを買うしかないのか?大豆から自家製で作ることはできないのか?

実験していきます!!

おはようございます、Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

結論から言うと・・第1回目は失敗に終わっております!!笑

ではその様子をレポしていきますよ~。

まずは前日より大豆を水に浸して寝かせます。

※写真撮り忘れましたが、翌日にはこのタッパーぱんぱんに大豆が膨れます。

次に大豆を茹でます。※水は入れ替えました。

10分~15分ほど煮ました。

水を濾して、フードプロセッサーに。かなり細かくしました。

個人的な美学ですが、つなぎを使いたくないなっと。今回はつなぎなしです。

それでは成形していきます。

歯ごたえを考えて、荒い状態の大豆も混ぜてみました。

焼きます。

焼き色は白く、鶏肉のハンバーグを焼いた時みたいな感じになりました。

完成です。

実食・・

微妙・・。

肉とは言えませんね。そしてぱさぱさ。食感を出そうと固形の大豆を混ぜましたが、普通に豆食ってる感じに。。

気を取り直して・・

今度は

・固形の大豆なし
・油分を含ませてみる(これでジューシーにならないか?)
・味噌を混ぜてみる

この3つでやってみました。

左が油分足したやつです。油分はオリーブオイル。

真ん中が何もなし。

右は味噌を足したのです。味噌が焦げやすいですね。

完成。味噌がすぐに焼き色が付くので、先に。

微妙。残りもフライパンから上げました。

大豆オンリー・・微妙。

大豆+オリーブオイル・・微妙。

結果、微妙。

ソースやタレがあれば多少はごまかせるとは思いますが。美味しい料理とはとても言えませんね。

・・・・

では市販で売られているあの大豆ミートはどうやって作られているのか?ネットで調べてみました。

工場で生産されていて、

①大豆油を抽出。その搾りカスが使用されているみたいです。
②細かく粉砕して大豆粉に。
③大豆粉を加熱・加圧して、たんぱく質を繊維状に加工。

という流れで出来ているようです。

繊維状に加工しているやり方が自家製ではできそうにないですね。もうちょい調べてみますが。

これからも実験は続けて行きます!!

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ。
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』へ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる