【試作】カレーの試作始めました!!

今日は試作についてレポートしていきます!

おはようございます!Plant-Based Cafe PEACH(https://twitter.com/cafepeach)です!

何の試作をしたのかというと・・カレーを作りました!!

このカレー・・・うちのお店の超主力商品にしようと考えているので、超重要な試作になります。

あまり野菜をすべて突っ込んで、フードロスゼロを目指そうと考えてもいるんです。

なので、さっそく・・

カレーの元には使われなそうな野菜をチョイスしました。

玉ねぎはなしです。

今回の野菜のラインナップでは・・

キノコはアリよりのアリです。

普通は使わないだろう、パプリカ、ナス、じゃがいもを入れてみました。

この野菜たちをまずはミキサーに。

細かく刻んだら、鍋に入れて焼きます!!

これを水分がなくなるまで焼いて、カレーの元を作ります。※イタリアンのソフリットを作るのと全く同じです。

途中の写真飛ばし過ぎでごめんなさい笑

左上は焼き切った野菜(ソフリット)です。

右はスパイスカレーを作成中にフライパン。

カレーは油をしいて、スパイス焼きます。こうすることで香りが引き立ちます。

その後、出来上がったソフリットを入れて、焼き・・水分を入れます。

水分を煮詰めて、味を凝縮。

野菜をしっかり焼くのと水分を煮詰める・・これが料理の基本です。特別なコツなんてなくて、これをしっかり丁寧にできているかで味が作られます。

・・・・

今回の試作で色々気付きがありました。

まず、じゃがいも。

これはミキサーにかけて他の野菜と混ぜて焼くのはよくないですね。火が通りにくく、かなり長い時間生焼けの味が残りました。最終的には火が全体に通ってなじむのですが・・じゃがいもの素材を活かせていないです。

解決策として、じゃがいもは一旦、単体でしっかり焼き目を付けて焼いて火を通した方が良いかと。

あとパプリカとナスは特に嫌な主張はありませんでしたが、これらも単体で味を出した方がいいかも?←ここは実験してみる価値はあるかな。

それからヴィーガン系の料理特有なのですが、動物性の『出汁(ダシ)』がないのでどうやってコクを出すかがテーマになって来ます。

今回はこいつ使ってみました。

赤味噌です。

これは間違いないと思います。

でも!これは良く使われる手法なので、他にも良い方法はないか考えなくはですね。

・・・・

今後の改良ですが・・・カレーの元となるソフリットを作る際に使う野菜は、余りものの何でもありだけではなく・・玉ねぎ、にんじんのようなしっかり味が出るものを活用しなくては・・と思いましたね。

さっそくですが、思いついたのは『サツマイモ』です。

五葷なしもチャレンジしたいので、一旦たまねぎは使わないで味を出そうと思います。

また報告しますね。

納得いくまで商品にはしません。

本日もあなたにとって素敵な1日でありますように。

ではではーーーーーー

———————————————————————————

岡山のプラントベース料理は『Plant-Based Cafe PEACH(プラントベースカフェ ピーチ)』へ。
岡山のチーズケーキは『CheeseCakeKobo PEACH(チーズケーキ工房ピーチ)』へ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。